スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「娘よ dukhtar」 

ここのところ頻繁におきる頭痛をなかなか退治できず、とうとう内科に行ってきまして。
あんまり沢山説明したわけではないのだけど、私が今服用してるお薬を見て、大体のことをわかってくれたらしく
漢方薬を処方してくれたのですが、これがめっさ体に合ってるみたいです。
3年前に乳ガンのホルモン療法始めてから、体が浮腫んでしょうがなかったのですが(リンパ浮腫とは勿論別です)漢方薬飲んだ次の朝から、頭痛と共に浮腫まで治まってきました。
感激です…泣けます。
で、頭痛が去っていったお陰で映画を見る事も出来るようになりました。

「娘よ」
良かったです。
話もまあ良かったのですが、あまりにもかけ離れたこの異文化とヒロインのアッララキの美しさに圧倒されてしまいました。
ずっと見ていたい気持ちになる極彩色の民族衣装に彩られた、すごくナチュラルな美貌でした。
いやーでも部族間の争いコワーイ。あっさり人殺しすぎ。

緊迫感ありの母娘の逃亡劇で、おまけにロマンスもついてくる。
満足度高い作品でした。

音楽が又すごく良かったのだけど、情報がほとんどないのが残念です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chuntapoipoi.blog18.fc2.com/tb.php/1290-64d7b0b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。