スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩尾望都「ポーの一族復刻版5」 


うちにはフラワーコミックスのポーの一族、初版で揃ってるんだぜ~
と自慢しても、集めたのはもちろん私の姉。
まだ小さかった私はこの5巻を読んですさまじくショックを受けたことが記憶に残っている。
なぜか諸悪の根元はエディスだと思い込んで、憎たらしく思っていました。

初版をあまり触りたくないためにその後読む用を買って、2冊ずつあったはずなのですが5巻だけ行方不明になっていたので復刻版買ってみました。
エディスは良い子です…。
エドガーは一人で生き続けているのでしょうか…。

もうすぐ発売される「ポーの一族」の新作。
作者もそうとうな葛藤があったと思うが、読む側も賛否両論でしょうね。私の心を探ると、やめてほしいよりも読みたい気持ちの方がやっぱり少しだけ多い気がする。
全く別物として読もうと覚悟しつつ、いまだ14歳のエドガーに会うことに緊張してしまいます。(おばさんになっちゃったよエドガー…)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chuntapoipoi.blog18.fc2.com/tb.php/1210-43c1d536

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。